FC2ブログ

2人の若い政治家

おはようございます。
チャッキー・テンです。

少し時間が経ちましたが、
希望の党の出現が注目を集めた
衆議院選挙も、紆余曲折を経て
自民勝利で終わりました。
戦いの後、負けた側のトップが
その組織内で厳しい糾弾に晒され
るのは組織として健全であるとも
言えますが、組織外のメディアなど
が一緒になって人の心を抉るような
非難をしている姿をテレビを通じて
みていると「こんな役目自分は絶対
やりたくないな」とつくづく思って
しまいます。まあ私の場合、
そもそもそんな立場になりたく
てもなれないのですが・・・。

そんな今回の選挙の一連の動きの
なかで、私が注目したのは離党を
決意した2人の若手議員です。
一人は都民ファーストの会の音喜多議員、
もう一人は先日離党届を出した
日本維新の会、丸山議員です。

都議会、国会と立場は違えど、新しい
政党(政治団体)で自らの理想を実現
しようとしていた点はきっと同じですね。
歳も同じなんですね。。。
そして共に自らが所属する組織に
不満を抱き、離党を決意した。

会見で説明される離党の経緯や
理由を見ているとサラリーマンと
大して変わらないんだなぁ。と
思いつつも、おそらく政治家のほうが
「自らの理想実現」という気持ちや
使命感みたいなものが強いんでしょうね。
そのうえ離党しても議員辞職しな
ければ即失業するわけではない。
という点においては、サラリーマン
の転職より実はハードルが低いのかな?
とも思ってしまいますね。

とはいってもこれからも政治家を続ける
ためには、数年に1度は必ず訪れる
選挙に勝ち続けなければならない。
この点においてまさに政治家は人生を
かけて戦い続けなければならない。
やはり決して楽な職業ではないと
私は思います。

お二人の決断には賛否両論ありま
すが、注目したのは「もっと内部で
問題改善を叫んで改革を実行して
欲しかった」という一部メディアの
意見です。

おそらくですが、お二人とも程度は
異なれど
、内部から提言したり、
愚痴をこぼしたり、メッセージを発し
たりということをしていたのだと思います。
その結果、自身の判断で「この組織を
下から変えるよりも抜け出して自分で
やったほうがずっと良い仕事ができる」
と判断したのだと思います。

つまり「内部から改革してほしかった」
という人は、離党を決意したお二人ほど
その党を悪く思っていない=離党した人が
根気強くない=若者がまず党のために
犠牲になればいい=若者だから失敗
しても(大目に見てもらって)また挑戦できる。
と思っているのではないかと。

一方離党した本人達はきっとその真逆
の視点で「組織の長は若者の意見を
真摯に受けとめて常に未来に向かって
過去の慣例を打ち破る覚悟が必要だ
=権力を持つ組織の長が若い世代
のために自らを犠牲にしないならば、
未来は生まれない」
と考えているのではないかと思います。
これはそれぞれの立場になって考えれ
ば共に納得がいく話であって、必ずし
もどちらか一方だけが正しいとは
言えない気がします。

そのため、「賛否両論」になるのですが、
日本は若者よりも中高年が多い国です。
人数だけではなく、権力の集中度合い
からみると圧倒的な差といえると思います。
そのため、多数決が世論になるな
らば、若者の決断は常に批判にさら
されるということになります。

その為、若者は何も発言しない、
波風立てないほうが得という判断をし、
所謂「最近のおとなしい若者」になるか、
自分だけ良ければ他はどうでもよい
と判断し、倫理を軽視しやりたいこと
だけを追求する「身勝手な若者」に
なることが多いのだと思います。

おそらく離党したおふたりは
「身勝手な若者」に分類されるのだと
思いますが、自分がやりたいことが
「国のために」という大きな志であれば、
批判と戦い仲間を増やし夢を追うこと
は「自分のため」でもあり、そんな若者が
いることに私は感謝したいと思います。

楽して儲かるいす(ポジション)を追い
求める私とは全然違いますね♪

ちなみに私は好き嫌い度合いでいうと
◎維新>△丸山さん
なので今後も維新支持。
〇音喜多さん>×都ファ
なので音喜多さん支持です。
有権者は自分勝手に決められるから
気楽ですね♪



スポンサーサイト



プロフィール

チャッキー・テン

Author:チャッキー・テン
人生は「椅子取りゲーム」?
いろんな椅子を紹介していきます。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR