2人の若い政治家

おはようございます。
チャッキー・テンです。

少し時間が経ちましたが、
希望の党の出現が注目を集めた
衆議院選挙も、紆余曲折を経て
自民勝利で終わりました。
戦いの後、負けた側のトップが
その組織内で厳しい糾弾に晒され
るのは組織として健全であるとも
言えますが、組織外のメディアなど
が一緒になって人の心を抉るような
非難をしている姿をテレビを通じて
みていると「こんな役目自分は絶対
やりたくないな」とつくづく思って
しまいます。まあ私の場合、
そもそもそんな立場になりたく
てもなれないのですが・・・。

そんな今回の選挙の一連の動きの
なかで、私が注目したのは離党を
決意した2人の若手議員です。
一人は都民ファーストの会の音喜多議員、
もう一人は先日離党届を出した
日本維新の会、丸山議員です。

都議会、国会と立場は違えど、新しい
政党(政治団体)で自らの理想を実現
しようとしていた点はきっと同じですね。
歳も同じなんですね。。。
そして共に自らが所属する組織に
不満を抱き、離党を決意した。

会見で説明される離党の経緯や
理由を見ているとサラリーマンと
大して変わらないんだなぁ。と
思いつつも、おそらく政治家のほうが
「自らの理想実現」という気持ちや
使命感みたいなものが強いんでしょうね。
そのうえ離党しても議員辞職しな
ければ即失業するわけではない。
という点においては、サラリーマン
の転職より実はハードルが低いのかな?
とも思ってしまいますね。

とはいってもこれからも政治家を続ける
ためには、数年に1度は必ず訪れる
選挙に勝ち続けなければならない。
この点においてまさに政治家は人生を
かけて戦い続けなければならない。
やはり決して楽な職業ではないと
私は思います。

お二人の決断には賛否両論ありま
すが、注目したのは「もっと内部で
問題改善を叫んで改革を実行して
欲しかった」という一部メディアの
意見です。

おそらくですが、お二人とも程度は
異なれど
、内部から提言したり、
愚痴をこぼしたり、メッセージを発し
たりということをしていたのだと思います。
その結果、自身の判断で「この組織を
下から変えるよりも抜け出して自分で
やったほうがずっと良い仕事ができる」
と判断したのだと思います。

つまり「内部から改革してほしかった」
という人は、離党を決意したお二人ほど
その党を悪く思っていない=離党した人が
根気強くない=若者がまず党のために
犠牲になればいい=若者だから失敗
しても(大目に見てもらって)また挑戦できる。
と思っているのではないかと。

一方離党した本人達はきっとその真逆
の視点で「組織の長は若者の意見を
真摯に受けとめて常に未来に向かって
過去の慣例を打ち破る覚悟が必要だ
=権力を持つ組織の長が若い世代
のために自らを犠牲にしないならば、
未来は生まれない」
と考えているのではないかと思います。
これはそれぞれの立場になって考えれ
ば共に納得がいく話であって、必ずし
もどちらか一方だけが正しいとは
言えない気がします。

そのため、「賛否両論」になるのですが、
日本は若者よりも中高年が多い国です。
人数だけではなく、権力の集中度合い
からみると圧倒的な差といえると思います。
そのため、多数決が世論になるな
らば、若者の決断は常に批判にさら
されるということになります。

その為、若者は何も発言しない、
波風立てないほうが得という判断をし、
所謂「最近のおとなしい若者」になるか、
自分だけ良ければ他はどうでもよい
と判断し、倫理を軽視しやりたいこと
だけを追求する「身勝手な若者」に
なることが多いのだと思います。

おそらく離党したおふたりは
「身勝手な若者」に分類されるのだと
思いますが、自分がやりたいことが
「国のために」という大きな志であれば、
批判と戦い仲間を増やし夢を追うこと
は「自分のため」でもあり、そんな若者が
いることに私は感謝したいと思います。

楽して儲かるいす(ポジション)を追い
求める私とは全然違いますね♪

ちなみに私は好き嫌い度合いでいうと
◎維新>△丸山さん
なので今後も維新支持。
〇音喜多さん>×都ファ
なので音喜多さん支持です。
有権者は自分勝手に決められるから
気楽ですね♪



スポンサーサイト

ふるさと納税

こんばんは。チャッキー・テンです。

今更感満載ですが、初めてふるさと納税
をやってみました。。。
今まで確定申告とか面倒だなと思って
いたのですが、どうせ今年からは確定申告
しなきゃならないので、やってみよう・・・
と思って淡々と手続きを進めていったら

「ワンストップ特例」がうんぬん・・・と。。。

これはつまりサラリーマンの場合は
住宅ローンがあるひとの初年度とか
医療費控除があるひと等を除く大半の人は

「御礼品と一緒に送られてくる書類に
記載し捺印して返送すれば確定申告不要」

と実はほとんど手間がかからずできてしまう
制度だったんですね。。。
2015年4月にできた制度だそうです。
きっと私もニュースやらで見ていたんだと
思いますが・・・興味を持っていなかった
ので。。。。頭には全く入っていませんでした。
知らないと何でも損するのは世の常ですね。
はぁ。。。早くやっていればよかった。

しかも平成29年4月1日に総務省から行き
過ぎたふるさと納税の御礼品に対する
通達が出ており、

寄付金額の3分の1を超える価値の
御礼品は不可になる

など、要するに御礼品目当ての利用者
からみれば改悪されていますので
今までやっていない人もますます興味が
なくなって・・・・となりそうな気も・・・。

しかしそれでも例えば共働き世帯の方
など夫婦それぞれの寄付金控除限度額
を合わせれば、結構いろんなものが
実質負担2000円/人
でもらえると思います。

しかも手続きはとても簡単です・・・。

仕事(職業)を中心に生き方について
興味をもってこのブログを始めましたが、
家庭の中の生活における部分にも
しっかり勉強しようと反省しました。。。
はぁ。。。



仏教の島 普陀山(フダサン)

こんばんは。チャッキー・テンです。

せっかく始めたブログを更新しようと
何度も思ったのですが、ネタもなく日が
過ぎてしまいました。
そこで今後は雑談程度でもちゃんと
更新していこうと心改めることにしました。

心改めの第一弾ですが、皆さんは中国の
普陀山という仏教の島をご存知ですか?

中国には仏教の四大佛山という仏教
聖地があり、普陀山はそのうちのひとつ
です。四大佛山とは即ち

五台山(山西省):文珠菩薩
峨眉山(四川省):普賢菩薩
九華山(安徽省):地蔵菩薩
普陀山(浙江省):観音菩薩

の4つです。
このうち、普陀山の歴史は
1100年程度と比較的浅いのですが、
この地が仏教の聖地として栄えたの
にはひとりの日本僧が大きく
関わっていたんだそうです。

ざっくり言うと平安時代の
恵萼(えがく)さんという僧侶が
皇后に命じられて唐へ渡り、
五台山から仏像をもって帰る途中、
浙江省の舟山から船に乗ると、
とつぜん海に鉄の蓮の華がたくさん
現れ、船を止め日本行きを拒み、
恵萼(えがく)さんは
「これが観音様の意思」
であるとあきらめ、その地に祀るこ
とにしたことが由来で、その観音像
は「不肯去观音(行かず観音)」
と言われています。
※この話はなんと2013年に
 「不肯去观音」という題名で
 映画化されていました・・・。

普陀山は小さな島なのですが、
島内にはいくつもの立派なお寺があり、
今では年間360万人もの人が
訪れるんだそうです。

多くの歴史や文化は中国から日本に
伝わってきたものですが、四大佛山
と呼ばれるほどの仏教の地の起源
に日本人が関わっていたなんて
なんだかちょっとうれしい気持ちに
なります。

私も数回この地を訪れたことがあります
が、さすがは仏教の島だけあって人は
みな優しく心が洗われます。

最近は島内の再整備も進んで、色々
便利になったりしていますが、和やかな
人の心だけは、いつまでも変わらないで
いて欲しいですね。

南無阿弥陀仏



ネットで年商20億円

こんばんは。チャッキー・テンです。

先日、十数年ぶりに昔の友人(韓国人)
に会いました。
彼とは学生時代に中国で知り合ったの
ですが、片言の日本語ができるため
日本人の友人も多く、中国語も当時は
流暢なほうではなかったと思いますが
その気さくで大らかで、いつもにこにこ
していて、ちょっとどんくさくて??
典型的な人に好かれる人柄みたい
なところがあり、とにかく友人が多く、
日本人社会/韓国人社会/中国人社会
のパイプ役のような存在でもありました。

嬉しいことに彼は日本のことが大好き
で、私を含めた日本人社会に自然に
いつも溶け込んでいました。

お互い帰国後は会う機会がすっかりなく
なってしまったのですが、メールのやり取り
で、彼は約2年の兵役を経て、
日系の大手メーカー(韓国現地法人)に
入社したことだけは聞いていました。

急に懐かしくなりひさーしぶりにメール
をしたら、
「ちょうど出張で来週日本いくよー」
とのことだったので、
「久しぶりに是非会おうよ!」
となりとんとん拍子で再会となりました。
私はてっきり彼は大手日系メーカーに
まだ勤めているのだと思っていたの
ですが、数年前に退職し、インターネット
で日用雑貨を売っているとのことでした。

「薄利多売だから儲からない」と言って
ましたが、設立数年で売上げは
日本円ベースで20億円/年以上

バイト含めて30人程度の人を雇って
運営しているとのことで、私はネット商売
に詳しくないのですが、これって結構
立派ですよね??
(違ったらご指摘ください)

今後はもっと利幅がとれるような新規
事業を立ち上げる予定で、日本人の
パートナーとすでに基本契約を締結
したんだとか。。。

昔話に花を咲かせた後、彼から
「日本でXXXみたいな商品をYY円くらい
で買えるならコンテナベースで買うから
教えてね」と軽~い感じで言われました。
彼はなんの利害関係もないときに構築
された昔の友人関係をすごく重んじて
いる
ようで、そういう人と仕事したいし、
そのほうが早いと言っていました。
次回やる新規事業のパートナーも
20年来の友人のようです。
(今回さりげなく紹介してくれました)

彼は今、年商20億円のネット販売会社
の社長の「いす」に座っていますが、
彼の本当の「いす」はこの友人と友人を
結びつける力なのかもしれません。
意図してやっているのか?
自然にそうなっているのか?
あるいは両方なのか?

どちらにしても自分のことを友人だと
言ってくれる人が世の中で活躍している
って聞くととても嬉しいですよね。
そんな彼と友人になれたのは留学を
したからなんですよね。
前回「話せると得する外国語」で中国語
をおススメしましたが、片言でも言葉が
できると、色々な可能性が増えるのは
間違いないと改めて思いました。

役立つお得な外国語としてご一考ください↓

経験ないけど飲食店やるなら フランチャイズ

こんばんは。チャッキー・テンです。

今回のテーマはフランチャイズです。
これも子供のころからよく知っている
知り合いの話になるのですが、最近地方で
唐揚げ屋さんのフランチャイズに加盟して
バリバリ働いている人がいます。
もともと勉強を真面目にやったタイプでは
なく、長距離トラックを転がして・・・みたいな
生活を送っていたのですが、体力的にきつく
なってきたらしく、家族(奥さん)の反対もあった
そうですが、説得して開業。お店は幸いなことに
大繁盛で、毎日休みもないくらい忙しいものの
収入は地方(田舎)で会社員やってもなかなか得ら
れないくらいの金額でした。
何よりも「仕事のやりがい」がすごくあるようで
忙しくても辛くても「俺はやるぞ~」みたいな元気
をプンプン感じました。

仕事ってもちろんお金のため、生活のためでは
ありますが、お金のためだけに働き続けられる
かというと、それは微妙で人によるだろうなと
思います。
皆さんの中にも会社勤めをしていて、
給料もある、残業も少ない・・・でもなんだか
日々を無駄に過ごしているような感覚に
なる方、いらっしゃるのではないでしょうか?
かと言ってノウハウもないなかでいきなり
飲食店を開業してもうまくいくかどうかは
分からないですよね。

その知り合いの話を聞いて感心したことを
2つ紹介させてください。

1つ目は出店場所です。
実はこの知り合いですが、10年ほど前に一度
ちょっとした投資に失敗した経験を持っています。
そのときはきっと家族から白い目で見られて、、、
だからこそ長年トラック転がして頑張っていたのだ
と思います。
それ故に今回は真剣勝負。出店場所
視察も軽く50か所以上(田舎町でです)。
毎日候補場所の前に立って人の行き来を観察し
ていたそうです。
最終的に2か所に絞って1つは地元で有名な
スーパーの隣、もう一つは地元で有名な遊び
スポットの真ん前だったそうですが、
フランチャイズ運営側からはっきりと
「スーパーの横じゃなきゃダメ」
と言われたそうです。
人によりますが開業するときは何かしらの自分
ならではの理想を抱くのが人間というものでは
ないでしょうか。
生活に密着するよりも有名な娯楽施設や観光場所
に「自分の店を持っている」って言ってみたくなる
じゃないかと想像します。
でもこれはビジネスでは足かせですよね。
フランチャイズだからこそ、こうした理想はまず、
おいといて冷静に事業性だけで判断し
冷静にアドバイスてくれる・・・
ということだと思いました。

2つ目は閑散時間帯です。
どうしても食品を扱うと午後2時から4時くらいまで
は客足が途絶えます。
かといって店を一回閉めるわけにも行きません。
そこでタイムセール等をやって少しでも
売り上げを伸ばしたいと考えたそうです。
しかしこれもフランチャイズ本部から反対された
そうです。
安売りすれば客はそこを狙うようになって
結局利益にならない・・・という考え方ですね。

これらはきっと商売の知識があったりセンスが
もともと良い人にとっては「当たり前」のことかも
しれません。
でも身銭を切って人生をかけてやる
ときにこの普通の判断を普通にできるか
どうかってわからないですよね。

私はフランチャイズにはロイヤリティの面で、
否定的だったのですが、この事例を見て少し
考えが変わりました。

なんにしても彼は自分の理想を追い求めて
自分でリスクを負って、よいサポーターをつけて
自分の「いす」を勝ち取ったんです。
だから彼の顔は本当に輝いていました。
プロフィール

チャッキー・テン

Author:チャッキー・テン
人生は「椅子取りゲーム」?
いろんな椅子を紹介していきます。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR